present from you
BUMP OF CHICKEN
TOY'S FACTORY Inc.(VAP)(M)
2008-06-18



【はじめに】 基本的に、ここで書くのは言葉的な解釈だけです。「曲のテーマ」とか「メッセージ」とかは聴いたひとそれぞれが感じるものなので、そのあたりの考察にまでは踏み込まないようにしたいかなと思います。


【大まかな意味】

ちょっときいてもいいですか。
この辺で誰かが泣いてるような気がして、急いで来てみたんだけど、
それが誰なのか知ってるかな。
そういえば君の目は、たった今まで泣いてたみたいに、すごく赤いけど…

だから、その…
そうだ。物語をいくつか君に贈るから、僕が戻るまでに読んでおくんだよ。
じゃあ、またあとで。


きっと君は孤独な夜とぬけがらみたいな朝を過ごしてさ。
汚いものは見ずに夢だけ見ていたいなんて思ってさ。
嘘をつく自分に呆れてしゃべることも嫌になって…

そうやって、君は扉を作って、自分の心を閉じ込めた。
固い壁で囲うようにして、まわりの人を拒んだ。
ずっとひとりぼっちでいようって。
なのに君はずっと待っていた。
その扉をノックして、誰かが訪ねてきてくれることを…

だから、その、何が言いたいかっていうと…
君は今も孤独に震えながら、笑いたくても出てくるのは涙ばかりで、
心の中で悲鳴をあげてる。
だけど、そうやって生きるのが正しいんだよ。

別に変わらなくたっていい、今のままでいい。
勇気とか、元気とか、そんなのなくたって生きていける。
むしろそういうのがあるほうが、面倒に巻き込まれることが多くなるし。
だけどね。
君は自分の心に、ちゃんと扉を作ったじゃない。
壁で囲むだけで良かったのにさ。
誰かが入ってこれるように、ちゃんと、扉を作ったじゃない。
何もかも大嫌いだって言いながら。本当は、全然そんなことない…

だから、その、何が言いたいかっていうと…
君はまだ、自分をきちんと知ってないだけなんだってこと。
君だけじゃなくて、みんなそう。
自分の心を見つめるなんて、恥ずかしいけど、でも逃げようもなくて。
面倒だし、でも誰かに頼むわけにもいかなくて。
もちろん僕だって。偉そうに言ってる僕だって同じでさ…
それは、ともかくとして。

とりあえず君には、僕があげた物語の登場人物たちが味方についてくれる。
君がこれから何をするかは自由だけど…僕はもう行かなきゃいけない。
だってほら、また誰かがどこかで泣いてるから。


【補足】
・アルバム「THE LIVING DEAD」に最初と最後の部分が収録されています。それが「Opening」「Ending」として収録曲をはさむことで、アルバム収録曲=プレゼントされた物語、という構成になっています。プレゼントを渡した人物は、曲を聞き終わった人の前に最後に戻ってきて、一言声をかけて去っていきます。
・しかし、この曲単体で見た場合、プレゼントの物語は具体的には示されていないので、プレゼントを渡した人物が「それじゃ また後で」と去ったあと、結局は戻らず次の旅に出てしまった…ととらえるのが自然かもしれません。