【はじめに】 基本的に、ここで書くのは言葉的な解釈だけです。「曲のテーマ」とか「メッセージ」とかは聴いたひとそれぞれが感じるものなので、そのあたりの考察にまでは踏み込まないようにしたいかなと思います。

ユグドラシル
BUMP OF CHICKEN
トイズファクトリー
2004-08-25



【歌詞の大まかな意味】

もういい加減、認めなくちゃ。
進みたい道がドアでふさがれているのなら、その鍵を手に入れるために、
自分の手は空っぽにしなくちゃいけないってことに。

今までの幸せに甘えすぎて、気づけば手の中はたくさんのものでいっぱいだ。
手放したくないものでいっぱいだ。

みんな自分にとって大切なもの。
だけど、何かを手に入れるためには何かを捨てなくちゃ。
傾いた天秤が「軽い」と示したほうを。
とても簡単なことなんだ。難しく考える必要はないんだ。

失う悲しさに、泣いたっていい。
その代わりに僕らは進んでいけるんだから。

 

もうあなたも気づいたと思う。
あなたの進む道はあなたにしか見えない。
同じドアをくぐって同じ道を行ければと、もちろん思ってはいたけれど、
どうやらそれは無理みたいだ。

さあ、もういい加減、つないだままの手を離して行かなくちゃ。
そうして手を空っぽにすれば、僕は僕だけの鍵を、
あなたはあなただけの鍵を手に入れられる。

あなたといたこの場所にはもう戻ってこれないだろうし、
きっと、時が経てばあなたとの日々も忘れてしまう。
だけどね、これを捨てたのは、お互いにどうしても手に入れたいものがあったから。
傾いた天秤が「軽い」と示したほうを、僕らは本当につらい思いで捨てたんだ。
それほどの勇気を出して選んだんだから、
絶対にこれは間違った選択なんかじゃない。

こんなにつらい思い出を心に刻んで、代わりに僕らは…

 

お願いだから、迷ったり、後悔したり、怖がったりはしないで。
あなたは元気でいてください。
僕は自分の道を進みながら歌いつづけます。
でもあなたとの距離は広がるばかり。
この声は、いつまであなたに聞こえるかな。

泣いて、つらい思い出を心に刻んで、こんな悲しいうたを歌って…
でも、だからこそ、代わりに僕らは進んでいけるんだ。

 

もう気づいたでしょう。
そのドアの鍵を手にできるのは、手を空っぽにした人だけだってことに。
他の誰でもない、自分だけだってことに。