HAPPY
BUMP OF CHICKEN
トイズファクトリー
2010-04-14



【はじめに】 基本的に、ここで書くのは言葉的な解釈だけです。「曲のテーマ」とか「メッセージ」とかは聴いたひとそれぞれが感じるものなので、そのあたりの考察にまでは踏み込まないようにしたいかなと思います。


【大まかな意味】

もらえるなら、健康で強い体がほしい。
大人になってからはそんな願いごとをするようになった。
子どものようにか弱いままの心が、押しつぶされてしまう夜も多くなったから。

彼の心の中には、大人になれないままの彼がいて、
自分の価値を確かめようともがいてる。
現実を何とか受け入れながらも、やっぱり幼い夢を見つづける。

降ってくるなぐさめの言葉に身をひたして、こっそり涙を流せたらいいのに。 
なのに頭の整理もつかないうちに、現実はすぐに明るく自分を照らして追い立てる。

「悲しみはいつか消える」?
だったら喜びもいつか消えてしまうだろう。
救いの神はいったいどこだ。ぼろぼろになりながらそう思う。

何と戦っているのかさえわからないのに、心の傷は確実に刻まれていく。
それでも試行錯誤を重ねながら、おそるおそる自分の道を進んでいく。


もらえるなら、たくさんの知識がほしい。
大人になってからはそんな願いごとをするようになった。
子どものようにか弱いままの心を、自分の知恵だけで守らなければいけなくなったから。

彼女の心の中には、大人になれないままの彼女がいて、
嘘偽りのない気持ちを聞きたがっている。
一緒にいられるなら笑顔でいられなくたってかまわない。
そう思えるほどだいじな人の手を握りながら。

降ってくるなぐさめの言葉できれいにしても、胸の傷は全然治ってくれない。
心を捨てて、痛みを忘れてしまうことは、思ったよりずっと難しかった。

続けてきたことをやめるのも、勇気がいる。
それほどの勇気があるのなら、怖くても、きっと続けていける。
大切なものをなくしても、それがあった場所は忘れなくていい。
ちゃんと心の隙間になって、消えることなく残ってる。

他人の力を借りたっていい。それがあなたの中で確かに脈打つなら。
いま終わらせなくても、どうせいつかは終わる人生だから、
生まれてきたことを、いま生きている幸せを、僕と一緒に歌おう。  


なぐさめの言葉はやがて消える。
こっちのことなんかお構いなしに、現実は虹のように目の前に広がる。
「飯でも食って、それからまた行こう」
そんなふうにあっさりと、明るい太陽みたいに照らしてくれる。

悲しみが消えないからこそ、喜びも消えてはしまわないんだ。
救いの神に祈る必要なんかない。それよりだいじな人の手を握ろう。
人生の勝ち負けはわからないけど、守りたいものだけは確かにある。
かつての少年は、自分自身で見つけた夢を、
そうやって抱えながら大人になった。

怖くても続けていけば、その道のりがまた新しい勇気をくれるだろう。
大切なものがあった心の隙間を、忘れずにずっと抱きしめていて。

もし、消えないほど強い悲しみがあるのなら、
生きていく強い理由も、同じようにあるはずだ。
どうせいつかは終わる人生だけど、
生まれてきたことを、いま生きている幸せを、僕と一緒に歌おう。 


【補足】
・ある男性と女性、それに語りかける「僕」という三人の登場人物を想定しています。

※ 2017/01/21更新