【はじめに】 基本的に、ここで書くのは言葉的な解釈だけです。「曲のテーマ」とか「メッセージ」とかは聴いたひとそれぞれが感じるものなので、そのあたりの考察にまでは踏み込まないようにしたいかなと思います。

宇宙飛行士への手紙 / モーターサイクル
BUMP OF CHICKEN
トイズファクトリー
2010-10-13



【歌詞の大まかな意味】

いつだって比べる相手を探してる。
知り合いだろうがそうじゃなかろうが関係ない。
あいつはどれだけ知識を持ってるのか。
どれだけ苦労してるのか。
どれだけ資格を持ってるのか。
人間としての点数は、自分より上か? 下か?

私の心は健全ですよ。
いつだって穏やかな人間ですよ。
そうやって聖人ぶってはいるけれど、
心の底では自分の欠点に目をつぶって、
人の詮索をやめることはない。

絶対、仲良くなることもできると思うんだけどな。
お互い、どれだけ大きな違いはあったとしても、
みんなこんなふうにそっくりなんだから。

 

自分の感性に合わないものがあったって、
それにわざわざマイナスの感情をぶつける必要はないんだ。
愚痴ったり攻撃したりに時間使わずに、
ただ無視して忘れればいいんだ。

いい大人なんだから、無理にかかわらずにいよう。
むやみに相手を傷つけないようにしよう。
そうは思いつつ、
自分というものをしっかり持っていないから、
他人をキッカケにしないと行動できないんだ。

絶対、仲良くなることもできると思うんだけどな。
誰かを自分より下に見てあざ笑うのは、
なんだか負けたような気がするからでしょ。

 

心は健全に見せかけて。
とりあえず穏やかに見せかけて。
そうやって自分はこの程度だってアピールしてる。
自分の実力を、まだ試してさえいないのに。

絶対、仲良くなることもできると思うんだけどな。
他人を見くだしつづけるのは、ただ、
同じでいたくないって思うからでしょ。
仲良くなる気があるか、ないかは置いておいて、
とにかく絶対、仲良くなれると思うんだ。
ただ、仲良くしようとしないだけなんだ。