【はじめに】 基本的に、ここで書くのは言葉的な解釈だけです。「曲のテーマ」とか「メッセージ」とかは聴いたひとそれぞれが感じるものなので、そのあたりの考察にまでは踏み込まないようにしたいかなと思います。

orbital period
BUMP OF CHICKEN
TOY'S FACTORY Inc.(VAP)(M)
2007-12-19



【歌詞の大まかな意味】

優しさって何だろうってずっと考えてきたんだけど、
ようやくちょっとは理解できてきたような気がするんだ。
もし君に優しさをあげようとしたら、
それはその瞬間にばらばらになって壊れてしまうと思うんだ。

何でかっていうと、君に優しくすると、君のためじゃなくて
全部僕のためにすることになっちゃうから。
だって君に感謝されれば、僕はうれしいでしょ。
だから全部僕のため。
そんなの本当の優しさじゃないよね。

優しい人って思われたいだけなんだ。
ただの自己満足なんだ。
本当に優しいわけじゃない、でも優しくなりたい、
でもどうすればなれるのかわからない…

 

いくら探してみても、君のための優しさは僕の中にはないみたいだ。
僕のためになる優しさしかないみたいだ。
君のための優しさをあげたいんだ、だけど
あげたいって望んでるのは僕だ。
だからこれも僕のためになってしまう。

いろいろ考えてたら優しさって何なのか、
もっと理解できてきた気がする。
それは、君が意識しないうちに、僕が君から受け取ったものなんだ。
君は覚えてないだろうけど、それでいいんだ。

誰だって優しい人って思われたいだけなんだ。
優しい自分を他人に認めてもらいたいだけなんだ。
ぜんぜん優しくなんかない、だけど僕は優しくなりたい、
だって誰よりも僕が、偽りの優しさにまみれた人間なんだから…

 

考えすぎておかしくなってきたかもしれない。
いや大丈夫、十分頭は働いてる。
僕の望みは、「優しさをあげたい」って望まないこと。
優しくなりたいと思わずに、君に優しくできること。

うん、自分でもわかってるんだよ、難しく考えすぎてるってことは。
笑わないでよ。
でもそうやって君が何の意識もなく笑ってくれるから、
僕も本当の意味で幸せになれるんだ。

 

もう優しさが何なのかわかったよ。
僕がどうやってもあげられないのに、君からはもらえた。
つまり心の中にはなくて、人と人との間にある。
言ってみれば心の外側。その中だけに存在できるものなんだよ。
…これは僕のひとりごと。

君に優しくしようとしても、それは優しい人って思われたいだけ。
僕の自己満足でしかない。
ぜんぜん優しくなんかない、優しくなんかなれないんだ、
だからもう「優しくなりたい」とは望まない。

本当の意味での優しさは、ひとりで作れるものじゃないから。
ほかの人との間に自然にできるものだから。
どう呼べばいいのかはわからない。
でも僕は、君との間にできるその何かだけがあればいいと思う。

優しさって何だろうっていうのも、もう考える必要はないね。
だって僕らふたりで作れたんだから。
優しくなりたいなんて思わずに、ふたりでそれを見つけたんだから。