R.I.P. / Merry Christmas
BUMP OF CHICKEN
TOY'S FACTORY Inc.
2009-11-25



【はじめに】 基本的に、ここで書くのは言葉的な解釈だけです。「曲のテーマ」とか「メッセージ」とかは聴いたひとそれぞれが感じるものなので、そのあたりの考察にまでは踏み込まないようにしたいかなと思います。


【大まかな意味】

自転車のライトのモーター音を聞きながら、くねくねした坂を走った。
買ってもらったあこがれの変速自転車なのに、ギアが誰かにいたずらされてた。
ザリガニ釣りの帰りに見た、正体不明のサーチライト。
どこから出てるのか探してたら道に迷って、すっかり夜になってしまった。

誰がギアにいたずらしたの? サーチライトの始まりはどこ?
そんなとりとめのない謎が、昔は覚えきれないほどたくさんあったけど、
いまはもう、不思議でも何でもなくなってしまったものもある。

雨の日に長靴を履くのは嫌いだったけど、傘を持てるのはうれしかった。
いくつも重ねたら秘密基地みたいになるから。
自転車置き場には尻尾の生えた友達がいて、しょっちゅう会いに行った。

秘密の基地とか内緒の友達とか、
ひとには言えないことが昔はたくさんあった。
今はもうない。
でもね、寂しく思うのは、それがなくなってしまったからじゃないんだ。

その思い出の中に君がいないからなんだ。
昔は一緒じゃなかった君とは、昔の思い出を共有できない。
こんなの当たり前のことなのに、そのことを思うだけで泣きそうになる。


体温計の温度をわざと高くして、熱があるふりで学校を早退した。
下駄箱にさす夕日にため息をついて。
母の日の朝、お父さんと一緒に、いつも会いに通っていた友達をお墓に埋めた。

こんな悲しい思い出もいまは宝物だよ。
僕と同じように、君もそんな思い出をたくさん持ってるよね?

君の思い出の中に僕はいない。
それでもいまは一緒にいることができる。
こんな当たり前のことを思うだけで、いまいる世界が輝いて見えてくる。


同じ気持ちになれなくても、君と同じものを見られるならそれでいい。
変わっていくものはその過程を見ておきたい。
いなくなるものは…存在していた事実だけでも知っておきたい。


君と一緒にいたくてもいられなかった人が、どこかにいるのかな。
もしかしたらいま、僕がその人の立場にいたかもしれない。
遠く離れた場所で君のことを思うだけだったかもしれない。
こんな当たり前のことを思うだけで、怖くて、眠れない夜もある。

君のいない僕の思い出。僕のいない君の思い出。
一緒にはできない別々の思い出。
そんなの当たり前だけど、だからこそ、一緒にいられるいまを愛しく思えるんだろう。
同時に怖くもなるんだろう。
いま一緒にいられるのも、ほんの偶然かもしれないから…


昔ね、イベントでヒーローショーがあったんだ。
空にはアドバルーンが浮かんでて、町は光化学スモッグでかすんでた。
僕は野球帽かぶって、大人に手を引かれて見に行った。
すごく楽しくて、うれしくて、自分は地球で一番の幸せ者だと思った。

できることなら、あの日の僕に君を見せて、
もっと大きな幸せがあるよと教えてやりたい。


【補足】
・自転車置き場の「友達」は、インタビューによると猫だそうです(http://natalie.mu/music/pp/bumpofchicken/page/4)。
・曲名の「R.I.P.」はお墓などに刻まれる文字。意味は「安らかに眠れ」。単純に友達のお墓つながりのタイトルと考えてもよし、過去の思い出に対する言葉ととらえてもよし、ですね。

※ 2018/02/05更新